家を建てることになったきっかけ。

子どもの誕生がひとつのきっかけでした。これまで住んでいたアパートでは狭いし、音も気になります。隣近所へ気を使いながら暮らすより、ゆったりと戸建てで子育てをしたいと思うようになりました。

川西工務店の奥さまと仕事関係で知り合ったこともあり、プランを依頼。そこで提案されたプランが、イメージしていたものとほぼ同じだったことにも驚きました。ここなら自分たちらしい家ができると確信し、オーダーしました。

こだわりを反映したプランニング。

私たちがまず希望したのは、中庭のある平屋であること。そしてすべての部屋から庭に出られること。バリアフリーであること。景色を活かした間取りを実現することでした。

なかでも、夫は床を無垢材にしたり、塗り壁にこだわるなど質感を大切に考えていましたし、縁側やテラスなど屋外空間の充実も希望していました。一方私は主婦目線から家事動線のスムーズさを重視。洗面台を2つ設けたり、リビングと廊下どちらを通っても洗面所に行けるよう動線に工夫をしました。また、ニッチや飾り棚などちょっとした壁面にもアクセントを付けられたのもよかったですね。

川西夫妻との打ち合わせは共に家を作っていくという感覚が強く、楽しめたので時間があっという間に過ぎていきました。小さい子どもを抱えての打ち合わせは大変でしたが、遊ぶスペースを作るなどして、私たちが打ち合わせに集中できる環境を整えてくれたのもよかったですね。あと、工事がスタートしてからでも柔軟に対応してくれたこともよかったです。大工さんがキッチンのガラスの縁を枠組みとしてオリジナルに加工してくれたんです。追加料金なしでの変更はありがたかったです。

実際に住んでみて。

毎日が快適ですね。私のお気に入りの場所は、やはりこだわって作ったキッチンと洗面所かな。(笑)夫はリビングとウッドデッキがお気に入りの様子。また子どもたちは中庭が新鮮みたいで、中庭で遊ぶことが多いですね。

この中庭は大正解!どの部屋からも見渡せるので、子どもたちが遊んでいても安心です。これが道路わきのお庭だったら気がかりですものね。お部屋に点在するニッチや飾り棚も空間演出に一役買っています。何を飾ろうかと雑貨屋さんに足を運ぶ機会も増えました。そんな時間も楽しいものです。

これからの夢。

今後はデッキにハンモックをつける予定。そして中庭に花壇を作りたいですね。ハンモックに揺られながらお昼寝。なんて贅沢ですよね。それに中庭なので、外から見られることもありませんし、屋外も大活躍間違いなし!

一生に一度のマイホームだからこそ、作り手とのイメージの共有が大切です。自分の好きなインテリアを切り抜いておくなどイメージや素材をしっかり伝えたほうがいいと思います。そして考えを共有できる相手を探すこと。工務店選びが要です!

Page Top