調湿気密シートの施工について

壁に断熱材が入ったあとは調湿気密シートを施工しました。

写真の白いシートが調湿気密シートになります。

このシートの特徴は、防湿と透湿の性能を合わせ持ち、年間を通じて躯体内の湿気を管理するというのが特徴です。日本には四季があり、温度だけでなく、湿度も大きく変化するので、日本の気候に合わせた家づくりは非常に大事です。

線が入っているので、寸法がわかりやすく、スケールを使う必要もないので施工スピードもあげることが出来ます。

高い断熱性能による快適性・省エネ性の高さはよく知られていますが、実は「建物の耐久性の確保」も非常に重要です。
その耐久性のカギを握るのが、「建物の気密性と湿気の管理」なのです。

CTEGORY

Page Top