気密コンセントボックス

気密コンセントボックスの施工をしました。

全てのコンセント部分に同じようにカバーを施工していきます。

気密コンセントボックスを入れるのは、断熱材を入れる主に外壁の壁にいれていきます。このボックスは、コンセントやスイッチの裏側に入っているので、完成すると見えなくなってしまう部分ではあるのですが、隙間を限りなく無くすことで、気密性を高めることが出来ます。

高気密高断熱住宅というのは、大工工事だけでなく、電気工事も大いに関係してくるところなので、丁寧な施工をお願いしています。

次は、断熱材をいれる工事が始まります。

CTEGORY

Page Top