ヌック空間をつくっています

天井にボード貼るための下地を施工しました。

リビングに隣接する将来の子供部屋。子供が自分の部屋で勉強するまでは、まだだいぶ先なので、何もしない部屋があるのはもったいない!ということで、

プランの最初からご要望頂いていた「ヌック」空間を作るようにしました。ヌックの部屋とリビングの境界に壁の下地を施工しています。赤い部分は開口になります。開口があることにより、手前のリビングからも気配を感じることもでき、壁があることにより、見えすぎないちょっとこもった部屋を作ることができます。

ちなみにヌックとは  「小ぢんまりとした居心地のいい空間」のこと。最近では居室の広さよりも居心地のいい場所が欲しいという要望の意味合いを持たせています。

その部屋には、テーブルとイスを置く予定になっていて、勉強したり、本をよんだり、ワークスペースだったり、カフェコーナーだったり。ダイニングとは違った場所で使える多目的スペースとして使う予定です。

居場所がいくつかあるお家はなんだかワクワクしますね。

CTEGORY

Page Top