電気の配線付近の気密工事

床の施工が終わり、壁の施工を行います。断熱性と遮音性、耐火性に優れたボードの施工していきます。

山ずみになっているボード。全て壁に施工していきます。

壁ができる事により、今までは構造材が見え、ぬけていた空間が仕切られ、部屋のおおきさなどがよりわかりやすくなります。


ボード貼る前に電気の配線工事も行っています。

写真ではごく一部ですが、赤〇が電気の配線になり、ピンク色のものが付着しています。

壁の中にはすでに施工している気密シートですが、電気工事の際にカットしなければなりません。そのカットしたままだと、本来の気密シートの性能を発揮することが出来ません。

そのカットした隙間を埋めるために、ピンク色の発泡ウレタンのスプレーを吹きかけます。気密シートを貫通している部分には気密処理が必要です。電気の配線部分すべてにこのような細やかな施工をすることにより、より気密性が保たれるのです。

大工工事だけでなく、電気工事にも気密は大きく関係するので、気密処理の大事さを職人さんにもお伝えしながら施工をしてもらっています。

CTEGORY

Page Top