天井の断熱工事

一部天井が低くなっている部分に断熱材を敷きつめました。

壁と同じように天井にもはだかのグラスウールを使用します。

IMG_0103

断熱材が入っていない状態。空洞になっています。

IMG_0101

IMG_0110

IMG_0113

天井には105㎜の断熱材を3枚重ねて施工しています。

つまり全体で315㎜の厚みがあります。

最近はだいぶ涼しくなってきましたが、夏は太陽高度が高く日照時間が長いため、天井に断熱材の入っていない2階建ての部屋が暑いのはこのためです。

性能のいい家を発揮するのは、もちろん建材びも重要ですが、施工が伴ってのことです。

天井は作業がしにくいため、手間がかかりますが、職人さんが丁寧に施工してくれているので、快適な生活が送れるのです。

CTEGORY

Page Top