袋なし高性能グラスウール 断熱工事

大工さんは壁に入れる袋なし高性能グラスウールの断熱材工事を終えました。

皆さんがよく目にされるのは下記の写真のような袋入りグラスウールです。

2_171222163618

IMG_4609

IMG_4611

IMG_4617

IMG_4619

弊社では、袋に入っていない裸のグラスウールを施工します。

壁一面に敷き詰められています。

仕事もそうですが、いつも現場をきれいに保ちながら仕事をしてくれている大工さん。

現場を見ると、敷き詰められた各部屋のグラスウールは圧巻です。

なぜ袋なしのグラスウールを使うかと言いますと、隙間があるかどうか目で確認しやすいので、しっかり入っていることが確認出来るからです。袋入りだと、四隅やコンセントまわりをきれいに敷き詰めるのが難しいです。

でもいい建材でも、やはり大工さんの丁寧な施工があって性能を発揮するのです。

グラスウールはリサイクルガラスを原料に使用しているため、施工時にその小さなガラスの粉がチクチクするので、大工さんは肌に触れないような服装で施工しているので、大変そうです。

そういった環境に配慮した建材でもあり、優れた断熱性をもち、機能面にも優れた建材となっています。

CTEGORY

Page Top