断熱材が入っているから安心ではなく、きちんと施工されているかが重要です

現場はどんどん進んでいて、並行ではありませんが、現場の進捗具合をアップさせて頂きます。

大工工事は、壁にグラスウールという断熱材の施工が終わっています。

袋入りグラスウールはもっとも一般的な断熱材ですが、弊社では裸のグラスウールを使用しています。

袋入りが悪いというのではないのですが、写真のように袋入りは丸みを帯びていてきちんと施工することが難しいです。

袋からだすと、丸みがとれ、壁の間にきれいにおさめる事ができます。

下記画像参照。

0_171222163618

画像 ㏋から代用

IMG_2095

袋から出して施工したものです。

隙間なく角まできれいに収めることできています。・・・これが一番重要なことなのです。

IMG_2105

このようにきちんと施工するには、袋入りでは難しいのです。誰がみても隙間なく断熱材が入っていることがわかりますね。

そして、グラスウールでの断熱工事というと、壁内結露の問題を取り上げる人がいますが、それは間違っています。

壁の中にどんな断熱材を使っても、グラスウールだから壁内結露が発生するという問題にはならないのです。

壁内結露は、壁の中に温かい空気が入り、その温かい空気が冷たいところに触れた時に結露が発生します。

ですから、壁の構成は、室内側を湿気が入りにくい構造にして、室外側を湿気が抜けやすい構造にすると結露を防ぐことができます。

壁の室内側は、防湿シートを張り、壁の中は断熱材を入れ、壁の室外側は、透湿防水シートを張ります。ここまでして、初めて、断熱材の性能を発揮することができます。

断熱材が入った現場で仕事をしている大工さんが一番体感しています。

今年は暖冬といわれていますが、朝気温が1桁でも中に入ると寒さが全然違うこと。

作業していると、熱くもなってくるようです。

もちろん、南には大きな窓を設けているので、日差しがある日は本当に暖かいようです。

CTEGORY

Page Top