屋根防水シート

少し前の現場の様子で、屋根に防水シートを施工しました。

 
 
屋根の上に乗っている瓦やスレート屋根材などの屋根材の下には必ず屋根下葺き材という防水シートが貼られています。
屋根材が建物への雨の侵入を防ぐためのものです。
 
 
建物を建てる時、順番に基礎ができ、柱を建て、家の骨組みの上に屋根(野地板)ができるんですが大工さんが屋根(野地板)を貼り終えると屋根屋さんが屋根(野地板)に防水シートを貼ります。
 
 
その後すぐに屋根屋さんが屋根材を乗せることができるればいいのですが、なかなかそういうわけにもいきません。
 
 
玄関屋根や下屋の部分も屋根ができたので、防水シートを同じように施工しました。
 
 
IMG_0286
IMG_0290
Page Top